シルビトラとは?通販で購入してみた   >   ジェネリック薬品について

ジェネリック薬品について

  ジェネリック薬品

最近では医療費が国家規模で問題になっています。
日本では保険証を提示することで、医療費から7割を国が負担してくれるのですが、もともとの診察料+医療薬の値段が高い為、国が負担する医療費の貯蓄も枯渇しています。
そのため、値段の安いジェネリック医薬品を使ってほしいと日本は考えております。
ジェネリック薬品をCMなどメディアに多く露出させ、国が積極的に推進してきていることからも、その意図はくみ取れると思います。
その結果、昔よりはジェネリック薬品について正確な情報を認知している人は増えてきていますが、海外と比べるとまだまだその認知度も使用度も低くいのが現状です。

また、日本人は世界比べても、潜在的に高級志向を好む人種であります。
医療品に関しては、その思考がまだまだ顕著に残っており、高い薬の方や新薬の方が効果が高いと思ってしまっている方も多いです。
また、医療費がかかる年齢層は50代以上の方が多く、あまりメディアを見なかったり、新しい情報を取り入れなかったり、自分の生活の中だけで線引きをすることからも、なかなかジェネリック薬品を正確に認知する事はできず、処方の時に安いジェネリックを進められても断るといった光景を見るのは日常茶飯事であります。

ジェネリック薬品を使う方が得する可能性もあるわけであり、新薬より安いジェネリック薬品が、新薬に劣っている訳ではないということを理解しなければなりません
新薬が発売してから20年以上の消費者の要望に合わせて、有効成分や効果はそのままにし、より使いやすくを目指した消費者目線で改良を加えられた医薬品であるため、効果の部分では優劣はつきませんが、使いやすさという面においては、ジェネリック薬品の方が明らかに新薬より優れている医薬品であるということを、次の世代に伝えていく事が、これからの医療機関に必要になってくることではないでしょうか。